読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド大砲(大)

適当に書き散らし、適当に読み飛ばす、意識低い系適当雑記サイト

Dimension Wを見てるー

 さて、予告通り『ディメンションW』の感想を書こう。

 だがしかし? 面白くなくはないと思うよ。でも、「もっとやれただろ!」感が強くてあんまり語る気がしない。

 

 で、『ディメンションW』なのだが、こっちはアニメーションとして完成度が高い。

 ってまあ、アニメの動きがどうたらこうたらとか、そういう系統はたぶん語り尽くされていると思うので、こっちは「岩原裕二」さんについて語ろうかな。

 

 と思ったけど、お仕事サボってたらしばかれそうなので、簡単に作品紹介だけ。

 

『地球美紗樹』

 岩原さんの初期作品。

 元からストーリー展開とかがこなれている人なんだけど、これは初期作品なのでかなり好き放題書いている感じがする。そこがかなり面白い。

 あと、「ロリおねしょた」という言葉に反応するような人間も読むべき。

 

いばらの王

 絵もうまいし、展開もうまいし、面白いよ、うん。

 でも、B級映画のテンプレを狙いすまして書いている感じなので、それにのれないと面白くないかも。「なんだこれどっかで見たことあんぞ」とか「中盤の展開がそう飛ぶのかよ」「主人公超人過ぎ」とかって突っこむのは野暮。だけど、ストーリーが悪い意味でこなれすぎてしまっているせいで、B級映画っぽい部分が浮いてしまう感じになるので、その野暮をしてしまいそうになる。もっとバカ展開もあったらよかったのになあ。

 でも、きれいにまとまった作品を読みたい人にはオススメ。

 いい意味で(ちょっとだけ悪い意味でも)マンガのお手本って感じの作品かなあ。ラストのたたみ方とか「すっげ!」っていうより、「おー、うめー」って感じ。そういう目線で楽しむと面白いと思う。

 あと、メガネ女子好きにもオススメ。

 

『学園創世 猫天!』

 ねこがいっぱい。

 こころ踊るアクションもある。

 だけどなあ…

 い

 すき。

 

 

 いや、批判的なことをちらちら書いたけど、面白いのよ。

 読み方さえ間違えなければ。

 とくに「地球美紗樹」はディメンションWで岩原さんを知った人に読んでほしいかな。

 

 マンガって売れてる作品とか人気作じゃないところにも、隠れた名作はある。

 あと、「万人受けはしないけど自分のツボにクリティカル」ってのもある。

 そういうのには、有名作品ばかり見てたら出会えないわけで。

 なので、こういうレビューを書きながら言うのはなんだけど、レビューとか気にせずガンガン読んでほしい。

 

 おしまい