読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド大砲(大)

適当に書き散らし、適当に読み飛ばす、意識低い系適当雑記サイト

リスペクトなんていらねえ!ケンカ祭りじゃあああ!!

朝起きて充電していたはずの携帯が見当たらないので、枕元で見つけた携帯で携帯に電話をかけました。

驚きの発見!

携帯からその携帯に電話をかけると留守番電話に繋がったのだ!

その後、眼鏡が見当たらないので、眼鏡探し用の眼鏡(視力0.01の必需品)をかけると違和感があって何だこれって気づいたら寝てるときから眼鏡かけてた模様。眼鏡オン眼鏡。2カ月に一度はやる。

昨夜はネット見ながら寝落ちしていたようです。バカですね。

 

で、バカである私がこの記事を読んで、考えた。

よし、id:omg-oxさん、ケンカ祭りじゃあああ!!

リスペクトなんていらねえよ! 初対面の見ず知らずの人間だが言ってやるぜ、あんたバカじゃねえのか!?

その記事を自分で冷静になってよく見返してみなよ。元記事に対するリスペクトが全然感じられねえよ?(私は元記事とか知らん)

この記事、「バカなの?」とは言ってないけれど、否定につぐ否定。あんたも同じことやってんじゃん。

そういう人はネット上だけでなく実社会でも嫌われます。

たとえばこれ、けっこうキツい否定でしょうが。

いやまあ私は別に、上から目線で人に見当外れの難癖をつけているヤツがいたら、「えらそうに言うなバーカ」と言ってもいいと思うけど、

人に対して「バカなの?」って言っちゃいけない。

という見出しをつけながら、「(バカとは言わないけど)そういう人は実社会でも嫌われます」って……。

言葉の鈍器で殴りに行ってるよ、これ!

まだ、バカじゃねーの!と真っ正面から言われた方がましだよ!

 

いやま、安易にバカバカって言うのはよろしくないし、みんな仲良く幸せになる方がいいと思うよ。

で、「バカって言うのがバカ(無限ループって怖いよね)」ってつい言っちゃう気持ちも分かる。昔の同僚が不良学生に「人に死ねとか言うな!殺すぞ!」と説教してたのを思い出す。気持ちすごい分かる。

 

で、「バカ」って発言なのだが、ちょっとここで昔話を聞いてほしい。

子供の頃、誰とは言わないが、大雨の中で傘を掲げて「ギガブレイク」と叫んでいたヤツ、あ、このギガブレイクってのは漫画のダイの大冒険の必殺技でね、雷を刀で受け止めて切りかかるっていう、まあいいや、とにかく雨の中で声マネしながら傘を構えてたヤツがいて、それを見た友人が、

「子供かよ、アホが」

と、今でも夢にまで見るレベルの心底軽蔑した目で、そのある人を罵倒したわけなんだ。で、ある人は気づいたね。街中で必殺技を打つのは、成人前の子供とは言え、16歳だともうアウトなのだと。

以後、その人は社会生活で「私は帰ってきた!」「嘘だと言ってよバーニィ!」とか口走らなくなった。本当にあのまま大人になっていたら、どうなってたか恐ろしい。いや誰かは知らないけど。

 

そりゃ、人にバカバカって言うのはよくないだろうよ。

でもさ、こんな感じで本気でバカって言われて変わることもある。

もちろん、記事で指摘していたような上っ面だけの煽りたいためだけの批判や、炎上狙いの罵倒とかはゴミでしかない。ゴミクズボケバーカいっぺん死んでこい。と思う。

歳を取ったせいで、目の前の失敗や誤りや悪意にバーカと言っても何もプラスを生まないのは知っている。

 

マイナスの思いをさせるだろう。リスペクトなんてされないだろう。

 

だけど、言う。あんたのことをいっぱい考えて言う。

バカじゃねーの!!

 

その記事もバカじゃねえのって思ったよ。

でも、一番バカじゃねえのって思ったのは、そこについてるブクマの薄っぺらい賞賛の群れだよ!

文面を見るとTwitterかどこかで繋がっている知り合いかなにかか?

そういう知り合いで、本当にその人のことを思うなら、記事が自己矛盾になってるって、うまく指摘してやるのが筋じゃねえのか!!

 

全力でブログ記事を書いて、リスペクトされたいってんなら、もっと真剣に記事とぶつかってくれる人たちと繋がれよ。 

そういう関係は望んでいない、イエスマンだらけがいいって言うんなら、そんなぬるいブログ、何一つリスペクトできねえよ。

私には、リスペクトしあいたいんじゃなく、仲良しごっこがしたいように見えるんだがな。

 

もちろん、炎上狙いで薄っぺらい批判を書くのはよくない。

でも、ネットには現実では遠慮したり隠したりして出せない本気の言葉があふれていて、それはそれで面白いもんなんだよ。

仲良しこよしでやっているところに本気の言葉をぶつける(今の私)のは遠慮すべきかもしれないが、「バカって言うの禁止!」と画一的に止めるもんじゃねえよ。

強い言葉で向けられた「本気の」批判が、より新しいものを生み出すことがある。

そういうのを楽しむって環境があってもいいんじゃないか?

そこには汚い言葉が並んでたとしても、相手に対してや話題の内容に対しての強い思い、言ってしまえば愛情があふれていると、私は思う。

 

 

というわけで、私には手斧を投げつけるように本気で批判してほしい。バカなことしてたら、バカって言ってくれ。

こっちもご年配の方々であろうと全力で批判するから、学生だろうが10代だろうが、率直に批判してほしい。

きっと、それが私の成長にもつながるから。 

丁寧語の賞賛が並ぶ仲間ごっこのブコメなんて、反吐がでる。

 

 

↓最初のときに書いてたブコメ。(手斧投げたくて書き換えた)

 

Twitterのつながり方がよく分からないけど、どんどん繋がってくれたら幸いです。

面白くない記事に「面白いですね」とか書きたくない、そんな人たちとのつながり募集してます。

(こっちからも探したいけど、どうやって探せばいいか分からない)