読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド大砲(大)

適当に書き散らし、適当に読み飛ばす、意識低い系適当雑記サイト

「一期二期・共通一次・センター」の大学受験の流れが参考になったのでメモ → 【【速報】 セ ン タ ー 試 験 廃 止 - ゴールデンタイムズ】

2chまとめネタ 教育関係

blog.livedoor.jp

ここに書かれていた大学受験の歴史が参考になったので、備忘記録としてメモ。

47 ヒョウ(やわらか銀行) :2013/06/06(木) 02:57:40.85 id:N613UiYZ0大学受験の歴史

●一期校・二期校時代 1949年~1978年

国公立を一期校・二期校に分け、2校まで受験できた。
ただし、東大や旧帝大などの有名校は一期校に集中し、二期校は一期校に落ちた受験生の受け皿になっていた。

共通一次時代 1979年~1989年

本試験一発勝負をやめ、1次試験として共通一次を、2次試験で大学独自の試験を受けるシステムへ。
共通一次は5教科7科目が課せられた。このため、国公立の人気が落ち、私立の人気が上昇。

センター試験時代 1990年~

大学が独自に科目を課せられるセンター試験を導入。私立大学も参加。

当初は、国公立をAグループ・Bグループに分け、2校受験して、両方の結果を見て入学を決められたが、
東大・京大にW合格した学生の9割が東大を選ぶという結果に。

恥をかいた京大は、翌年から、前期・後期の「分離分割方式」を導入。定員の大半を前期で採るシステムへ。
翌々年から、東大や多くの大学もこれに倣い、2校受験の名目は早くも崩れ去り、後期は敗者復活の様相に。






51 ヒョウ(やわらか銀行) :2013/06/06(木) 03:05:32.41 id:N613UiYZ0>>47を訂正

東大・京大をW受験できたのは、共通一次時代の末期だった

http://rgon.at.webry.info/200901/article_3.html




 

 

まとめサイトのさらに引用とか、これもう何やってんのか分かんねえな。

でも、いろんな知識のあふれているネットは広大。